NEWS

GITAI、ISS船外での宇宙ロボット技術実証を発表

宇宙ロボットスタートアップGITAIは、米国民間宇宙企業Nanoracks社・NASAと共同で、2023年にISS(国際宇宙ステーション)のBishopエアロック船外で、GITAI宇宙船外用自律ロボットによる技術実証を行います。

 

■ GITAI宇宙船外用自律ロボットによる地上実証動画(※GITAI東京オフィスで撮影)

 

■ GITAIが実施するISS船外実証の概要
GITAIは2021年にISS(国際宇宙ステーション)船内での技術実証を全て成功させました。そして、弊社GITAIは次の挑戦として、2023年に米国民間宇宙企業Nanoracks社と共同で、ISS(国際宇宙ステーション)Bishopエアロック船外(宇宙船外環境)でGITAI宇宙船外用自律ロボットによる技術実証を行います。

2023年の技術実証では、ISS(国際宇宙ステーション)Bishopエアロックモジュール船外(宇宙船外環境)にGITAIの1.5m級双腕自律ロボットアームを設置し、In-space Servicing, Assembly, and Manufacturing(宇宙空間での保守・組立・製造)作業を自律制御にて遂行致します。
※GITAIが2023年にISS船外で実施予定の作業の概要

GITAIの宇宙船外用自律ロボットは既に今年2月にJAXAの8m級熱真空チャンバー内での技術実証に成功しており、NASAの技術成熟度レベルであるTRL(Technology readiness levels)におけるLevel 6(地上でのシステムとしての技術成立性の確認)を達成致しました。そして、本技術実証により、TRL Level 7(宇宙空間でのシステムとしての技術成立性の確認)の達成を目指します。

GITAIは本技術実証を通して培うIn-space Servicing, Assembly, and Manufacturing(宇宙空間での保守・組立・製造)能力を米国民間宇宙ステーション・軌道上サービス提供企業向けに提供して参ります。

本プロジェクトの発表に関して、GITAIとNanoracksからのコメントは以下のとおりです。

“There are a tremendous number of applications in space that our robotic arm can be used for, including on-orbit servicing and lunar exploration, and we are thrilled to be able to partner with Nanoracks yet again,” said Sho Nakanose, founder and CEO of GITAI. “Our vision is to provide a safe and affordable means of labor in space, and this opportunity on the Bishop Airlock brings us one step closer to making that happen.”

“This mission is a key stepping-stone towards commercialization of LEO enabling both government and private sectors to obtain robust and high-performance robotics in space,” said Amela Wilson, CEO of Nanoracks. “We look forward to completing a successful demonstration of GITAI’s space robotics technology.”

 

■ GITAIの事業活動について
GITAIは昨年成功したISS船内実証や2023年に予定しているISS船外実証等、野心的な宇宙技術実証にも積極的に挑戦し続ける一方で、宇宙技術実証で獲得した技術を基に、トヨタ自動車株式会社との共同開発経済産業省からの受注等、様々な顧客のミッションで求められる宇宙ロボットの開発も進めています。また、今年3月にはGITAIの米国法人であるGITAI USA Inc.が米国ロサンゼルスに新オフィスを開設し、米国での採用を本格化する等、米国での事業活動や米国政府機関・民間企業との連携も積極的に行っています。

 

■ GITAIについて
GITAIは宇宙に安価で安全な作業手段を提供することを目指す宇宙ロボットスタートアップです。
GITAIは2040年には世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

現在、以下の各宇宙領域の作業を安価・安全に遂行可能な宇宙用汎用作業ロボットの開発を進めています。
1) 宇宙ステーション船内外の作業
2) 軌道上サービス(衛星への寿命延長、宇宙デブリ除去)におけるドッキング・寿命延長・修理・メンテナンス作業
3) 月面探査・基地開発作業

社名:GITAI Japan株式会社(本社)、GITAI USA Inc.(米国支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
Facebook
Twitter

 

■ Nanoracksについて
Nanoracks, powered by Voyager Space, is a global leader for providing commercial space services. Nanoracks owns and operates private hardware on the International Space Station and has launched over 1,300 research experiments, deployed over 300 small satellites, and installed the Bishop Airlock. Today, Nanoracks leverages over a decade of experience to develop new commercial space systems in direct response to customer needs. These space systems include converting commercial launch vehicle upper stages into functional secondary platforms, building new habitable space stations, supplying payload and crew airlock systems and services infrastructure, and more. 

Follow @Nanoracks on Twitter to learn more or visit https://nanoracks.com.

 

■ Voyager Spaceについて
Voyager Space is a space technology company dedicated to building a better future for humanity in space and on Earth. With nearly 20 years of spaceflight heritage and over 1500 successful missions as of April 2022, Voyager delivers space station infrastructure and services and technology solutions to commercial users, civil and national security government agencies, academic and research institutions, and more, with the goal to accelerate a sustainable space economy.

For more information, please visit www.voyagerspace.com

 

<Press Kit>