VISION

近年の世界的な宇宙開発競争の激化に伴い、宇宙での作業の需要が急増しています。

GITAIは各宇宙領域で需要のある作業を遂行可能なロボットを実現していくことで、

宇宙での作業コストを100分の1に下げることを目指す宇宙ロボットスタートアップです。

GITAIは2040年には火星や月に都市を建設したり、宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。 2030年には宇宙ステーション船内・船外作業の自動化や軌道上サービス・月面基地開発におけるロボットシステムの開発、世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして共に地球低軌道や月の宇宙開発を行っています。彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。