NEWS

GITAI、宇宙船外模擬環境での軌道上サービス作業実証に成功

宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japan株式会社(東京都大田区、CEO:中ノ瀬翔)は、宇宙ステーション船外や軌道上サービス等の宇宙船外環境下で汎用的な作業が可能なロボットモジュールを開発し、地球低軌道の宇宙船外環境を模擬した各種環境試験(熱真空、振動、放射線)を進めて参りました。
そして、2022年2月にJAXAの8m級熱真空チャンバー内でGITAIロボットによる汎用作業実証を実施し、全ての作業に成功致しましたので動画を公開させて頂きます。

■JAXAの8m級熱真空チャンバー内で実施したGITAIロボットによる汎用作業実証

GITAIは2022年2月7日〜11日にかけて、JAXA筑波宇宙センターの8m級熱真空チャンバーにてGITAI自律ロボットによる軌道上サービス作業実証を実施致しました。
具体的には、JAXA筑波宇宙センターの8m級熱真空チャンバーにて、GITAIが開発した軌道上サービス用自律ロボットアーム(2m)・ロボットシステムによるソーラーパネル組立等の宇宙組立作業、バッテリーモジュール交換作業を自律制御によって実施し、全ての作業に成功致しました。
また、14時間連続動作耐久試験も実施し、こちらも正常に動作し続けたことを確認致しましたので報告させて頂きます。

 

■GITAIが実施した地球低軌道の宇宙船外環境を模擬した各種環境試験
1.熱真空試験
〇条件
・真空度;1×10^-6Pa
・高温;+75℃、低温;-40℃

2.恒温槽試験
〇条件
・高温+90℃、低温-60℃

3.振動試験
◯条件
・20~2000[Hz]
・Overall:24.4[Grms]

4. 放射線試験
◯条件
・プロトン照射エネルギー: 70MeV or 200MeV   
・照射量: 1×10^11 p/cm^2
・照射レート: 1×10^6 ~ 1×10^8 p/cm^2/s

 

■GITAIのMissionについて

GITAIは宇宙に安価で安全な作業手段を提供することを目指す宇宙ロボットスタートアップです。
GITAIは2040年には世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。
彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

 

■GITAIについて
GITAIは以下の各宇宙領域の作業を安価・安全に遂行可能な宇宙用汎用作業ロボットの開発を進めています。
1) 宇宙ステーション船内外の作業
2) 軌道上サービス(衛星への寿命延長、宇宙デブリ除去)におけるドッキング・寿命延長・修理・メンテナンス作業
3) 月面探査・基地開発作業

社名:GITAI Japan株式会社(本社)、GITAI USA(米国支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
公式Facebookアカウント

<Press Kit>