NEWS

GITAI、月面作業用ロボットローバーR1を開発、JAXA模擬月面環境での実証に成功

近年米国と中国を中心に月面資源探査・基地開発競争が加速しており、従来の人間の宇宙飛行士よりも安価で安全なロボット労働力の需要が急増しています。
上記の需要を受け、弊社GITAIは、月面で探査、採掘、点検、保守運用、宇宙組み立て等の汎用的な作業が可能な最新型の月面作業用ロボットローバーR1を開発致しました。
そして、2021年12月に、JAXA相模原の模擬月面環境でGITAI月面作業用ロボットローバーR1による複数の作業・走行試験を実施し、予定していた全ての試験に成功致しましたので実証動画を公開致します。

■GITAI月面作業用ロボットローバーR1によるJAXA相模原の模擬月面環境での実証実験について
本地上実証では、JAXA相模原の模擬月面環境で、最新型のGITAI月面作業用ロボットローバーR1による以下の4点の試験を行い、全ての試験に成功致しました。

①走行・移動・障害物走破試験
⇒GITAI月面作業用ロボットローバーR1が模擬月面上を移動し、数十cmサイズの岩も乗り越えて移動可能な走行性能があることを確認致しました。また、全方向に向きを変えることができる特殊な脚を備えることで、全方向への移動・障害物走破性能があることを確認致しました。

②ソーラーパネル組み立て試験
⇒NASAが構想する月面基地開発において重要となる、月面での複雑な構造物(※ソーラーパネル・通信アンテナ等)の組み立てに必要な一連の作業を実施致しました。
具体的には、GITAI月面作業用ロボットローバーR1が荷物コンテナからソーラーパネルの部品を取り出し、目的地へ移動、模擬月面上でソーラーパネルを組み立てる一連の作業を実施し、全ての作業に成功致しました。

③月面資源採取試験
⇒NASA/米国民間宇宙企業は月面における資源探査に強い関心を持っていることを受け、本実証実験においても模擬月面上で砂を採取するための一連の作業を実施致しました。
具体的には、GITAI月面作業用ロボットローバーR1が荷物コンテナから資源採取用のツールを取り出し、目的地へ移動、模擬月面上の砂を採取・格納、荷物コンテナに格納する一連の作業を実施し、全ての作業に成功致しました。

④斜面(砂丘)走破試験
⇒GITAI月面作業用ロボットローバーR1が模擬月面上の傾斜15度〜20度の砂丘を登頂可能な走行性能があることを確認致しました。

GITAIは今後更なる汎用作業性能向上・月面環境対策を進め、2020年代半ばの月面実証を目指して参ります。

 

■GITAIのMissionについて

GITAIは宇宙に安価で安全な作業手段を提供することを目指す宇宙ロボットスタートアップです。
GITAIは2040年には世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。
彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

 

■GITAIについて
GITAIは以下の各宇宙領域の作業を安価・安全に遂行可能な宇宙用汎用作業ロボットの開発を進めています。
1) 宇宙ステーション船外の作業
2) 軌道上サービス(衛星への寿命延長、宇宙デブリ除去)におけるドッキング・寿命延長・修理・メンテナンス作業
3) 月面探査・基地開発作業

社名:GITAI Japan株式会社(本社)、GITAI USA(米国支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/GITAI-1515952648445089/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/GITAI64818084

〈報道関係者の方:プレスキット〉