NEWS

GITAIロボットを搭載したSpaceXロケットの打ち上げ成功、ISSに到着


宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japan株式会社(東京都大田区、CEO:中ノ瀬翔)は、2021年度にISS(国際宇宙ステーション)船内で実施予定のGITAIロボットによる汎用作業遂行技術実証について、日本時間8月29日(日) 16:14にGITAIロボットを搭載したSpaceXロケットの打ち上げに成功致しました。

また、SpaceXロケットは日本時間8月30日(月) 23:30にISSとのドッキングにも成功し、GITAIロボットは無事ISSに到着致しましたことをお知らせ致します。

GITAIロボットによるISS船内での汎用作業遂行技術実証は今年10月頃を予定しております。(※現在NASAによるスケジュール調整中)

 

■SpaceX社によるISSへのロケット打ち上げ(SpaceX CRS-23 Rocket)

 

■NASA公式サイト上のGITAI技術実証について
GITAI S1 Robotic Arm Tech Demo

 

■GITAIが実施予定のISS船内実証について
弊社GITAIは、米国民間宇宙企業Nanoracks社と共同で、2021年度にISS(国際宇宙ステーション)のBishopエアロック船内で、GITAIロボットによる汎用作業遂行技術実証を行います。

GITAIが宇宙用ロボットアームS1に関する全ての開発を担当し、Nanoracks社は打ち上げ機会の提供、軌道上での運用管理、データのダウンリンクを担当します。NASAが宇宙用ロボットアームS1の輸送とISSのBishop船内への(NASA宇宙飛行士による)設置を担当します。

GITAIとNanoracks、ISSのBishop船内でGITAIロボットによる技術実証を発表

本技術実証では、GITAIが開発した宇宙用ロボットアームS1をISSのBishopエアロック船内に設置し、スイッチ・ケーブル操作等のISS船内作業と、宇宙用パネル組み立て等の宇宙組立作業の2種類の作業をGITAIロボットアームS1で遂行します。GITAIロボットアームS1による全作業は最初に自律制御によって遂行し、その後にヒューストンのNanoracks社管制室からの遠隔操作によっても遂行します。


※S1による宇宙組み立て作業模擬タスクの実施状況(GITAI社内にて撮影)

GITAIは本技術実証を通して、宇宙で汎用的な作業を遂行可能な宇宙用自律ロボット技術の獲得を目指します。 また、本技術実証を通して培った技術を、軌道上サービスにおけるドッキング・修理・メンテナンス作業が可能な船外ロボットアームの開発や、月面探査・基地開発作業が可能な船外汎用作業ロボットの開発に繋げて参ります。

 

■GITAIのMissionについて

GITAIは宇宙に安価で安全な作業手段を提供することを目指す宇宙ロボットスタートアップです。
GITAIは2040年には世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。
彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

 

■GITAIについて
GITAIは以下の各宇宙領域の作業を安価・安全に遂行可能な宇宙用汎用作業ロボットの開発を進めています。
1) 宇宙ステーション船外の作業
2) 軌道上サービス(衛星への寿命延長、宇宙デブリ除去)におけるドッキング・寿命延長・修理・メンテナンス作業
3) 月面探査・基地開発作業

 社名:GITAI Japan株式会社(本社)、GITAI USA(米国支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/GITAI-1515952648445089/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/GITAI64818084

〈報道関係者の方:プレスキット〉