NEWS

賞金総額10億円の国際技術コンテスト「ANA AVATAR XPRIZE」のセミファイナリストに選出

宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japan株式会社(東京都目黒区、CEO:中ノ瀬翔)は、米国XPRIZE財団が主催する賞金総額1000万USドル(約10億円)の国際技術コンテスト「ANA AVATAR XPRIZE」に出場し、セミファイナリストに選出されました。

■ANA AVATAR XPRIZEについて

ANA AVATAR XPRIZEは、ANAがスポンサーとなり米国XPRIZE財団が運営する、先端技術を用いて遠隔で周りの環境や人々と応対ができるアバターロボットを開発するコンテストです。

・ANA AVATAR XPRIZE公式サイト

・セミファイナリスト一覧(16カ国から38チームが選出)

 

■GITAIのMissionについて

GITAIは宇宙に安価で安全な作業手段を提供することを目指す宇宙ロボットスタートアップです。
GITAIは2040年には世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。
彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。
彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

 

■GITAIについて

GITAIは以下の各宇宙領域の作業を安価・安全に遂行可能な宇宙用汎用作業ロボットの開発を進めています。

1) 宇宙ステーション船内外の作業
2) 軌道上サービス(衛星への寿命延長、宇宙デブリ除去)におけるドッキング・寿命延長・修理・メンテナンス作業
3) 月面探査・基地開発作業

2021年夏にはISS(国際宇宙ステーション)船内でGITAIロボットによる汎用作業遂行技術実証を実施予定です。

 


社名:GITAI Japan株式会社(本社)、GITAI USA(米国支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/GITAI-1515952648445089/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/GITAI64818084

 

<報道関係者の方:プレスキット>