NEWS

中ノ瀬翔が未来を創る35歳未満のイノベーターの1人に選出

GITAIのFounder & CEO中ノ瀬翔が、MITテクノロジーレビュー[日本版]主催のアワード「Innovators Under 35 Japan 2020」において、未来を創る35歳未満のイノベーターの1人に選出されました!

Logo

Innovators Under 35は、マサチューセッツ工科大学が所有するグローバル・メディア「MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)」が、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的として、1999年から開催している世界的なアワードです。過去には、Google共同創業者のセルゲイ・ブリン、Facebook共同創業者兼会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグも受賞しています。

「Innovators Under 35 Japan」はその日本版にあたり、中国や欧州に続く7番目のローカル版として本年度初めて開催されました。本年度は、コンピューター/電子機器、輸送、インターネット、AI/ロボット工学、ソフトウェアの5分野において300件を超える国内外の候補者の推薦・応募があり、最終的に13人が受賞者として選出されました。
なお、日本版の受賞者は次年度のグローバル版の候補者としてノミネートされます。 受賞者の詳しい情報は、MITテクノロジーレビュー[日本版]Webサイトをご参照ください。

 

2月19日(金)には、東京・室町三井ホールにて、受賞者を紹介する「Innovators Under 35 Japan Summit 2020」が開催され、中ノ瀬も登壇予定です。本イベントの模様はオンラインで配信されます。詳細はInnovators Under 35 JapanのWebサイトをご覧ください。

 

MITテクノロジーレビューについて

『MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)』は1899年に米国マサチューセッツ工科大学によって創設された、世界で最も歴史と権威があるテクノロジー誌です。米国版の読者層は、その8割超がテクノロジー部門の責任者であり、6割が経営層に読まれています。日本版は株式会社KADOKAWAの子会社である株式会社角川アスキー総合研究所が米Technology Review Inc.とのライセンス契約のもと、2016年10月から会員制Webメディアとして運営しています。