NEWS

NEDOの2020年度「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業」に採択、開発を開始

宇宙用作業代替ロボットを開発するGITAI Japan株式会社(東京都目黒区、CEO:中ノ瀬翔)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)が公募した2020年度「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(ベンチャー企業等による宇宙用部品・コンポーネント開発助成)」の採択および交付決定を受け、宇宙船外環境下での高い作業性能と保守性を有するロボットアームの開発を始めました。

近年の世界の宇宙開発競争・宇宙資源獲得競争の激化に伴い、火星基地/月面基地開発や宇宙デブリ回収、ISS/民間宇宙ステーション船内作業などの「宇宙での作業の需要」が急増しています。しかし、現状宇宙で唯一作業が可能な人間(宇宙飛行士)は非常にコストが高く、また宇宙放射線による被爆等の安全性のリスクも高いという課題があります。GITAIではこれまで船内作業の代替を目的としたロボットの開発を行ってきましたが、宇宙船外環境下で高い作業性能とともに長期運用可能な保守性を有するロボットアームを開発することで、宇宙開発のコスト削減、そして更なる前進に貢献いたします。
本助成事業においては、宇宙船外用ロボットアームのモーターモジュールの研究開発を目的とし、対放射線性能を有する電装系システムの開発、駆動部のモジュール化開発、耐環境性に関する試験を進める計画です。

〇2020年度「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(ベンチャー企業等による宇宙用部品・コンポーネント開発助成)」について

潜在的技術を有する中小・ベンチャー企業等の保有する技術シーズを活用し、人工衛星等の宇宙用部品・コンポーネントの開発に係る研究開発の一部を支援することで、宇宙機器産業の裾野を広げると共に、人工衛星等の高信頼性・低コスト化を実現し、我が国の宇宙機器産業の競争力強化を目指す事業。
事業紹介はこちら
2020年度の実施体制についてはこちら

〇GITAIについて

GITAIは、各宇宙領域で需要のある作業を遂行可能なロボットを実現していくことで、宇宙での作業コストを100分の1に下げることを目指す宇宙ロボットベンチャーです。主に①宇宙ステーション船内外の作業、②軌道上サービス(衛星への燃料補給・修理、宇宙デブリ除去サービス)におけるドッキング・修理・メンテナンス作業が可能な船外ロボットアーム、③月面探査・基地開発作業の各領域の汎用作業のロボット化を目指し、独自の汎用型宇宙ロボットの開発を進めています。

社名:GITAI Inc.(米国本社) 、GITAI Japan株式会社(日本支社)
CEO:中ノ瀬翔
URL:https://gitai.tech/
問い合わせ先:[email protected]
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/GITAI-1515952648445089/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/GITAI64818084

本件に関するプレスリリース