ABOUT

VISION

GITAIは世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして、月や火星に都市を建設したり、宇宙コロニーを建設したりする、安価で安全な労働力を提供します。

彼らが輸送手段を提供し、我々が作業手段を提供します。彼らが輸送コストを下げ、我々が作業コストを下げます。

COMPANY

会社名GITAI USA Inc. / GITAI Japan株式会社
設立2016年7月
代表者名中ノ瀬翔
所在地2255 Dominguez Way, Torrance, CA 90501
東京都大田区羽田1-20-13
事業概要宇宙用作業ロボットの研究開発・製造

HISTORY

GITAIは、より高性能で安価なロボットシステムを開発することで、宇宙での建設やメンテナンス活動の需要増加に応え、宇宙産業に破壊的イノベーションを持ち込むというビジョンを持って設立されました。コンセプト段階からブレッドボード、プロトタイプ、ISSでの飛行モデルなど、TRLの各段階で求められる要件を確実に達成してきています。

2016年7月

GITAI 設立

2016年9月

Skyland Venturesから1500万円の資金調達を実施

2017年11月

ANRI、500 Startups Japanから合計US$1.25M(約1億4000万円)の資金調達を実施

2019年6月

Spiral Ventures、DBJ Capital、J-Power、500 Startups JapanからUS$4.1M(約4億4000万円)の資金調達を実施

2021年3月

スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、大和企業投資、第一生命保険、エプソンクロスインベストメント/グローバル・ブレインから18億円の資金調達を実施

2021年6月

トヨタ自動車株式会社と “LUNAR CRUISER “用ロボットアームの共同研究開発契約を締結

2021年7月

GITAIが経済産業省から調達案件を受注

2021年10月

GITAI S1 によるISS内部での技術実証に成功

2022年4月

GITAI S2 による模擬宇宙環境におけるISAM活動の技術実証に成功

2023年

ラウンドCの投資募集開始予定

MANAGEMENT

中ノ瀬 翔

Founder&CEO


日本IBMを退職後、インドで起業・事業売却を経験。米国Singularity Universityのメインプログラム(GSP)日本人初参加者。2016年からGITAIロボットのプロトタイプ開発を開始し、同年GITAIを創業。

中西 雄飛 (Ph. D)

CRO


SCHAFTの元Founder&CEO。東京大学情報システム工学研究室助教を退任後、二足歩行ロボットベンチャーのSCHAFTを設立。2013年にGoogleに売却。

上月 豊隆 (Ph. D)

CTO


東京大学情報システム工学研究室で博士号(Ph.D)取得。
WHILLの元Mechanical Engineer。

植田 亮平(Ph. D)

VP of software


東京大学情報システム工学研究室で博士号(Ph.D)取得。SCHAFT(Google)の元Robotics Software Engineer。